FF14をプレイしてみました。 - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » FF14プレイ日記 » FF14をプレイしてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF14をプレイしてみました。

ララフェルセティ。
ララフェルセティ 
若干ドワ子の体型に似てる気がするララフェル。

近くの店では、FF14(PC版)が軒並み売り切れで、正直プレイは諦めていた新生エオルゼア。

何故か運良く、我が手にやってきたので、試しにプレイしてみました。(PC版)


FF14の情報は全く知らないので、世界観やら何やらサッパリです。



ドラクエⅩは、大筋のストーリー(ネルゲル討伐)とかがあって、
次何をすれば良いのか、わかりやすかったのですが。



FF14は、いきなり自分は『名も無き冒険者』です。
討伐するべき敵も、やらなければならない使命も、全くありません。


クリスタルっぽいモノから、『電波』が飛んでくるくらいで、
特に特別な人間って感じでもなさそうです。



なので自由に過ごしてみることにしました。
FF14 園芸師 
セティは木こりにクラスチェンジした!


まだ私も初心者過ぎて、良くわかりませんが。
この世界には、『ファイター系』『ソーサラー系』の戦闘タイプのクラスと、
『クラフター』『ギャザラー』と呼ばれる、生産、採集タイプのクラスが有ります。

まぁドラクエⅩで例えるなら、上記が職業のレベル、下記が職人のレベルと言ったところ。
違う部分は、職人レベルを上げるときは、その職人に『クラスチェンジ』しないといけないところ。



ドラクエⅩでも裁縫職人だったので、こちらでも裁縫師になろうと考えたのですが。
木を切るだけでレベルが上がる手軽さから、園芸師(木こり)として頑張っています。



ドラクエⅩからFF14に旅立った人は数多くいますが、正直FF14は難しいです。
操作が面倒だったり、戦闘システムも大きく違います。



また、細かい部分でドラクエⅩよりも、不親切な設計になっています。
そこがある意味、工夫の余地があって、面白い部分でもありますが。


私の感想だと、ドラクエⅩの親切設計に慣れた後だと、かなりキツイバランスかな?と。
最初の町が既にヴェリナードより広いんだもん・・・。



あ、ちなみにFF14を買ったからといって、
別にドラクエⅩを引退はしませんので(* ゚ー゚)ゝ
関連記事

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。