壁を覚えよう DQ10戦闘テクニック - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » DQ10 攻略・戦闘テクニック等 » 壁を覚えよう DQ10戦闘テクニック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を覚えよう DQ10戦闘テクニック

壁を覚えよう DQ10戦闘テクニック
シェンロンロッドは安いのに強くて便利なのです 
私の理想は、楽をして勝つこと。苦労=上手という訳ではありませんから。

今回のテーマは【壁】です。

良くツメ編成で【タゲスイッチ】や、【壁スイッチ】などのテクニックが紹介されています。
昔の僧魔盗時代では、【時計回り】と呼ばれていました。


要するに、ターゲットになった人が上手に円(または多角)に回りながら、
ターンエンドまで時間を稼ぐ方法ですね。
※関連記事
ターンの概念について ドラクエⅩ


この時に、タゲを逃がすために他の仲間がすべきことが、【壁】です。


しかし、戦士(またはパラディン)編成が最近では多くなってきました。

【敵を押し返す】ことが出来るようになったため、従来の時計回りから、【直線的な戦闘】
増えてきたと言えます。


ツメ編成の場合、壁を分かっている人が2~3人は居ないと、負けてしまう強ボスも多いのですが。
戦士・パラ編成の場合は、押してるだけで意外と勝てちゃうことも多いです。


その為、コインボス等もそのノリで挑んでしまい、周りの参加者に迷惑をかけてしまう人も居ます。


ツメ編成に関わらず、戦士(パラ)編成でも【壁】というものは重要です。

今回は、戦士(パラ)編成における、良い立ち位置・悪い立ち位置を踏まえて、
【壁】というものについて考えていきます。




●戦士(パラ)編成の、良い立ち位置について

開幕の良い立ち位置
イメージしやすいように、今回はアトラス戦を想定してみました。
編成は、【戦士】・【武闘家】・【旅芸人】・【僧侶】です。

基本的に、ツメ編成でも【1トップ】の形が望ましいです。

先頭がタゲならば、僧侶はベホイミが間に合うし、それ以外がタゲならば、
戦士へのズッシードが間に合うからです。

また、旅芸人や武闘家がタゲの場合でも、タゲ把握や逃げる時間の余裕が生まれます。


●旅芸人にタゲが向かった場合

立ち位置その2 
画像のような陣形であれば、武や旅にタゲが移った場合、視線が少し斜めを向きます。
ここでタゲになった者は、戦士の押している方向の後ろ側へ避難します。

戦士1人で敵を押し返せる場合は、他の仲間は敵を押さない方が良いです。
違う方向から押す力が加わると、敵が思わぬ方向からすり抜けることが増えます。



●壁の動き

その3 
タゲとなった者は、戦士(パラ)の後ろに避難し続けます。
旅芸人ならバイシオン、武闘家ならためる2などを使うのも良いでしょう。

ずっと壁を続けていると、敵のターンエンド攻撃がやってきます。
この際、出来れば【戦士(パラ)以外】は、敵の射程外に離れましょう。

戦士(パラ)は他職よりも堅く、盾ガードなども優秀です。

ひたすら密着してタイガークローを放つのは、【棒立ちタイガー】
と呼ばれる行為でもあります。


敵の横から背後から、ひたすらタイガークローを打ち続ける。
コインボスでは、割と真面目に注意される行為なので、気をつけましょう。
※いてつく波動持ちの、イッドとかでは問題無し。


●ターンエンド攻撃に備える

その4
ずっと壁をしていると、敵は近くのキャラに向けて【ターンエンド攻撃】をしてきます。

武闘家や旅芸人は、さっと後ろに避難すれば、攻撃は戦士(パラ)に集中します。
前線に残っていると、戦士(パラ)以外が被弾して大きなダメージを受ける場合があります。

守備力・盾ガード率に長けた戦士(パラ)の長所を、最大限に活かすためには、
アタッカーが上手に立ち回らなければいけません。


後は繰り返し、タゲとなったものが交代で戦士(パラ)の後ろに隠れましょう。

戦士(パラ)はタゲとなっても、避難先はありません。
僧侶の回復を信じて戦いましょう。




今回は戦士(パラ)中心の壁で紹介しました。
ツメ編成でも理論は一緒で、違いは敵から押されるかどうかです。

壁に慣れるためには、まず戦士(パラ)編成で立ち回りを意識するのが、
良いのかも知れません。


引き続き、今度は番外編コーナーへ。


番外編コーナー


●タゲはターンエンドまで、逃げ切らなければ意味がない。
その5
壁の役割とは【敵のターンを減らすこと】です。

よくタゲになった人が、一度は後ろに下がるけど、再度攻撃しに行く場合があります。
ターンの概念について ドラクエⅩという記事で書きましたが、 敵のターンも溜まります。

ターンエンドまで逃げ切った場合は、敵のターンは初期化されます。
しかし途中で捕まった場合は、溜まったターンは初期化されずに残ります。

この場合、敵の次のターンがすぐに回るため、擬似的な連続行動が飛んできます。

タゲられた場合は、最後まで逃げ切りましょう。




●戦士(パラ)編成の、駄目な立ち位置について
駄目な立ち位置 
3人が前衛の形

開幕、僧侶タゲ以外は必ずダメージを受ける形。
運が悪いと、連続行動で即座に死亡。

タゲ把握の面でも、非常にやり辛いのでおススメしません。


●最強の陣形
最強の陣形 
インペリアルクロスと呼ばれることも。(形が十字架?)
後ろから攻撃すると、ダメージが増える感じがする!とか、そういう理由でキッズが好む陣形。

【壁】という概念が皆無なため、強敵相手には使わない方が良いです。
コインボスなどでこの陣形を披露すると、怒られても文句言えませんのでやめましょう。

ただし、いてつく波動持ちのイッドや蜘蛛相手には、散らばって戦うことも有効です。
その場合は、大体3方向に散らばる感じですけどね。

ある意味、最強の陣形。
DQ10 プクリポ プスゴン 
関連記事

コメント
非公開コメント

バレンヌ帝国の伝統

今回もとても勉強になりました♪
しかしまさかロマサガ2ネタがここで来るとはw
迷宮でたまにボスの後ろにまわりこんでから開戦する人がいるのは
ジョークではない可能性もあったのですね。

2013-10-05 18:50 │ from ミールURL Edit

理解出来ました!

ここまで丁寧に解説頂くと、あほな僕でも出来そうな気がしてきた!
やはり、先日敗北したアトラスは偶然ではなかったんだ…。たまに負けてしまってたのは、コレ出来てないからだぁぁぁぁあ…orz
やっと、ワンランク上の戦いに進めそうですw ありがとう〜(≧∇≦)

2013-10-05 21:18 │ from カノレンURL

Re: バレンヌ帝国の伝統

> 今回もとても勉強になりました♪
> しかしまさかロマサガ2ネタがここで来るとはw
> 迷宮でたまにボスの後ろにまわりこんでから開戦する人がいるのは
> ジョークではない可能性もあったのですね。

イメージ的に…後ろから当たると不意つけそうとか、思ってるっぽいのです…w

2013-10-05 21:28 │ from セティURL

Re: 理解出来ました!

> ここまで丁寧に解説頂くと、あほな僕でも出来そうな気がしてきた!
> やはり、先日敗北したアトラスは偶然ではなかったんだ…。たまに負けてしまってたのは、コレ出来てないからだぁぁぁぁあ…orz
> やっと、ワンランク上の戦いに進めそうですw ありがとう〜(≧∇≦)

番外編の、インペリアルクロスもマスターしましょう!

2013-10-05 21:28 │ from セティURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。