良くわかるバラモス パラ魔僧僧編成 攻略編 ドラクエ10 - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » バラモス » 良くわかるバラモス パラ魔僧僧編成 攻略編 ドラクエ10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良くわかるバラモス パラ魔僧僧編成 攻略編 ドラクエ10

良くわかるバラモス パラ魔僧僧編成 攻略編 ドラクエ10
コロシアム用にチューンナップされた装備品
時流に合わせて、攻略内容は日々変わっていきます。一部修正し再掲。

今回はバラモス攻略。

構成は『パラディン・魔法使い・僧侶・僧侶』がおススメです。

●バラモスの行動パターン
『通常攻撃』
(大体310~350前後のダメージ)

『はらわたをえぐる』
通常の約1.2倍のダメージが2回)

『ネクロゴンドの波動』
範囲内にほぼ即死ダメージ。一定確率で転び状態に。ジャンプで回避可能)

『凍てつく波動』

『暗黒の舞い』

(特技封印+いてつく波動効果。発動速度が早くキャンセルがほぼ出来ない?

『煉獄火炎』
『しゃくねつ』
『イオグランデ』
『魅了の舞い』
『奈落の舞い』
『暗黒の霧』

赤字で書いた技が、危険な行動です。
それ以外はキラキラポーンがあれば、大体無力化出来ます。

暗黒の舞いは、キラポンを貫通します。
しかし特技封印は防げます。

ヘナトス・スクルト2段階あれば、はらわたも一応耐え切れます。
しかし維持するのが難しいため、入れない方がターンに余裕が出来ます。

スクルト・フバーハ・ヘナトスの維持に気を使うよりは、
ターンを溜める、火力で押し切ることが、安定に繋がります。

記念撮影 またプク迷宮ですか 
●事前に用意しておきたい装備・アイテム

『ぐるぐるメガネ』・『封印ガード100』・『転びガード100』
炎系攻撃があるので、ブレスガード・水の羽衣・竜のお守りも有効。


『フワフワわたあめ』も、どうやら非常に有効なようです。
じひびき無敵モードの検証要わたあめ。バラモスのジャンプは1回だけで大丈夫ver1.5
天空旅人トランジット通信さんより

ネクロコンドの波動は、2種類のタイミングが有ります。
腕振り1回ネクロと、腕振り5回ネクロです。

『ネクロコンドの波動』が見えたら、『即座にジャンプ』を連打します。
こうすれば、早いタイミングでも遅いタイミングでも、2回飛べば回避可能となります。

フワフワわたあめが無い場合は、これで十分回避出来ます。
でもあった方が楽です。

パラディンの重さについては、重さチェッカーにて確認してください。
http://yujuko.sakura.ne.jp/dq/ParaWt.html
ヘヴィチャージで524以上が目安っぽいですね。





●開幕の配置
開幕の配置 バラモス攻略
確実に勝ちたい場合は、『広い迷宮』が当たるまでやり直しましょう。
難易度が全然変わってきます。

プクリポ迷宮とか地獄を見ますからマジで。



●開幕の立ち回り
バラモスその1
開幕、パラディンはネクロコンドの波動に気を付けつつ、
キャンセルショットを待機します。

『はらわたをえぐる』・『ネクロコンドの波動』以外の場合は、
『ヘヴィチャージ』を決めて打つ方が、楽かも知れません。


補助僧侶は、ネクロコンドに気を付けつつ、
キラポン・聖女の守りをパラディン⇒僧侶⇒魔法使いの順番で撒きます。
天使を張り、余裕が出来たらサブ壁などに入ります。

最悪、魔法使いへの補助は無くても大丈夫です。
余裕が出来たら、行うくらいの感覚で。


回復僧侶は、『祈り⇒ベホイミ』をパラディンに。
後衛タゲなら『天使の守り』を入れましょう。
ネクロコンドの範囲外に序盤は待機しましょう。


魔法使いは、ネクロコンドの範囲外に待機しましょう。
基本は、『早読み⇒覚醒⇒メラミ』でアタッカーとして頑張ります。
他が魅了された場合は、『ツッコミ役』としての仕事もあります。

メラゾーマはMP効率が悪いので、ミラクルゾーン時以外では撃たないように。
パラディン目線だと、敵のコマンドが炎で隠れて見辛いことも。



●立ち回り方 その2
バラモスその2 
『パラディン』は引き続き、ひたすら相撲に励みます。
『ぶきみなひかり』は、パラディンは使用しない方が良いです。

ターンエンド行動の、魅了の舞の最中が、
ヘヴィチャージやビッグシールド等の、掛けなおしタイムになります。


また、いてつく波動をキャンセルすると、
直後にはらわたをえぐられる可能性があります。

後衛を巻き込まない位置なら、キャンセルより
ヘヴィチャージの掛けなおしが良いかも知れません。


サブ壁には『僧侶』が入ります。
タゲが見辛いので、注意して接近しましょう。

補助僧侶の方が、バラモスと接近する機会が多いので、
恐らくサブ壁は、補助僧侶が多く担当することになります。

パラディンと自身への、小まめなキラポン・聖女の守りの更新を忘れずに。
ターンエンド間際になったら、下がるのも忘れずに。


回復僧侶は、余裕がある場合は自身・魔法使いへ
キラポン・聖女の守りを更新しましょう。

また、パラディンへの回復を怠らず、
余裕があれば聖水撒き・ぶきみなひかり等を。

ターンエンド間際には、ベホイミ待機を忘れないようにしましょう。



『魔法使い』
は、引き続き『早読み⇒覚醒⇒メラミ』です。



●安定パターンまで
バラモスその3
壁際まで押せれば、比較的安定パターンに入ります。
『サブ壁僧侶』は、パラに任せて後ろに回っても良いです。 

キラポン・聖女の守りの更新に気を付ければ、
時間は掛かりますが、倒せると思います。

討伐タイムは、10~15分前後。

ネクロコンドの波動で崩されないように、常に気を付けることが重要です。

良くわかる ボス攻略まとめに戻る
DQ10 プクリポ プスゴン
関連記事

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。