良くわかるといいな キングヒドラ攻略 武武僧僧 - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » キングヒドラ » 良くわかるといいな キングヒドラ攻略 武武僧僧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良くわかるといいな キングヒドラ攻略 武武僧僧

良くわかるといいな キングヒドラ攻略 武武僧僧
キングヒドラ攻略 
正直このシリーズが一番面倒で、打ち切りたいと思っています。 一部修正。

今回は、難敵キングヒドラの攻略です。

行動パターンとか、必要なモノは以前やったので、今回は最小限に。
キングヒドラに挑む前に ~下準備・耐性編~ DQ10攻略
キングヒドラに挑む前に ~心構え編~

おススメ構成は、『武闘家×2、僧侶×2』です。
次点で、『武・魔戦・僧侶・僧侶』や、『武・旅・僧侶・僧侶』なども候補に挙がります。


ツメ構成で、必ず『ゴールドフィンガー』を覚えておきましょう。

ほぼ必須な耐性は、『踊らされガード』『ブレスガード』です。
僧侶の場合は、『水のはごろも』セットもおススメです。

ただし水の羽衣でも、ブレスガードが無い場合は、
『火球連弾』で普通に死にます。

盾と体上に、ブレス錬金があればゴシック等でもOK。


武闘家の腕装備については、『ルカニ』又は『消費無し』がおススメ。
ゴールドフィンガーを連発するため、消費無しの効果も結構大きいのです。

僧侶の装備については、詠唱速度UPを高めておきましょう。



さて今回のキングヒドラ戦ですが。

今までのコインボスと違い、腕に自信が無くても勝てる!といった作戦がありません。


時計回りや、タゲ確認、ターンエンドといった要素を知らない場合、
あっさりと全滅出来る難易度となっています。


非常に高額なコインなので、どうしても勝ちたい…と思う人は、
戦いやすい迷宮を選ぶことも重要となってきます。


個人的におススメな迷宮は、『太古の地底回廊』(ドワーフ迷宮?)です。
ここはフィールドが広く、柱もあって時間が稼ぎやすい。

柱の有る無しについては、デメリットも存在しますが。
(壁に引っかかり逃げ損ねる、回復が届き辛いなど)

基本的には、フィールドが広い場所の方が、
はげしいおたけびが回避しやすいのです。


その為、今回は『太古の地底回廊』のマップを前提に攻略をします。



●開幕の配置
ヒドラ開幕 
開幕は、武闘家1人だけを前に出しましょう。

これは開幕の噛み付きで、2人まとめて死なない為の保険です。

キングヒドラが右・左のどちらかを向いているかで、
タゲ判断をしやすい形でもあります。


●それぞれの開幕の流れ

キングヒドラその2 
キングヒドラは、特技の使用で怒ります。

その為、武闘家の開幕の行動は、心頭滅却を行うくらいに留めましょう。

キングヒドラの『話し合い』で、テンションバーンやスーパーハイテンション(以下SHT)が来たら、
速やかにゴールドフィンガーで解除します。

タイガークローで攻撃を始めるのは、僧侶に怒りが向いてからがおススメ。
武闘家へ怒りが向いた場合は、10秒程逃げた後にロストアタックで解除しましょう。
(怒り後、即ロスアタは、タゲが変わってしまうので止めましょう)


僧侶の怒りは、誘導しやすくなるので放置でOKです。
敵の行動パターンも、通常時より厄介な行動が少し減ります。

場合によっては、ロスアタした方が良い場面もあるので、
その辺は最初に打ち合わせで決めましょう。


僧侶2名は、後ろに下がりつつ『祈り役』『天使役』に分かれます。
回復・補助などの役割分担は、怒りを貰った方が回復に回る形になります。


開幕に決めた役割に固執することなく、臨機応変に動きましょう。




●壁際まで引き付けて、左の柱側へ誘導


キングヒドラその3 
キングヒドラの移動速度は、非常に遅いため、焦らず誘導しましょう。

『ズッシード』を掛けた所で、キングヒドラの移動速度は変わらないので注意。
無意味なバフを張らないように。

怒りを貰っていない僧侶は、余裕があればキラポン・スクルト等を。


注意事項は1点
『怒りを貰ったタゲは、ターンエンドまで絶対に逃げる』

他3人がはげしいおたけびで吹っ飛んでいる場合は、
1人囮になって死ぬのも手でしょう。


●はげしいおたけびに備えつつ、上の柱方面に誘導
キングヒドラその4 
キングヒドラを、左下の柱まで誘導します。

柱に引っ掛けても良いのですが、この辺でターンエンド攻撃の『はげしいおたけび』
来ることが多いです。(大体16歩または15~16秒前後の時間)

僧侶2名は速やかに、範囲外までダッシュしましょう。
武闘家は、どちらか1名は、はげしいおたけびを食らう覚悟で壁をします。

柱の陰で回復が届き辛い場合があるので、
祈り⇒ベホマラーで強引に回復を被せましょう。


兎に角、僧侶がおたけびを食らわないことが重要です。



●引き続き、上の柱まで誘導
キングヒドラその5 
キングヒドラの怒りは、なかなか解除されません。
この段階でも、引き続き僧侶タゲで誘導が可能です。

時計回りに動く他の迷宮とは違い、
直線で移動しやすいのが『太古の地底回廊』の強みです。

16歩前後のはげしいおたけびに備えて、
僧侶が逃げ続ければ、全滅の恐れは少なくなります。



●上の柱まで誘導後

キングヒドラその6 
引き続き、柱を上手に使い逃げ切ります。

柱の奥に追い詰められると、逆にピンチに陥るので気をつけましょう。
逃げる僧侶は、柱の奥で立ち止まらないように注意。



●安定パターンまで

安定パターンまで 
キラポン・聖女の守り等が張り切れれば、安定パターンに入ります。
この迷宮の形なら、ほぼ直線移動を繰り返すだけで、タゲ下がりが可能です。


キングヒドラ戦の全滅パターンは、ターゲットが追い付かれての連続かみつきや、
はげしいおたけびで僧侶2人が吹き飛ぶパターンです。


慣れない内は、上手な僧侶・武闘家を1名ずつ入れると安定するでしょう。


もし事前に練習する場合は、ツメ編成のプスゴン等が練習に良いかと。
特技で怒り、時計回りで戦うボスなので。

一昔前で言えば、バサグランデ強なんかも似てるタイプですが。
今はゴリ押しで倒せてしまうので、あんまり練習にならなかったり。



この辺の記事も、キングヒドラ戦に役立つのでお暇な方は是非。
ターンの概念について ドラクエⅩ
ターゲットの確認とタゲ下がり ~戦闘テクニック~


キングヒドラ戦は、プレイヤースキルが問われる強敵です。
その分、得られるアクセ『ハイドラベルト』の効果も、非常に有用です。


重さ15・HP5のベルトアクセは、どの職業でも使える素晴らしい効果です。

特に重さ15は、ズッシ換算で重さ30になります。
神兵の足で、重さ+15と+45の錬金では、100万以上の差があります。

コインは高額ですが、是非1個は手に入れておきたいモノですね。


良くわかる ボス攻略まとめに戻る

DQ10 プクリポ プスゴン 
関連記事

コメント
非公開コメント

いつも攻略記事ありがとうございます
今回も参考にさせて頂きます

2014-02-09 10:16 │ from にんにくみそURL

記事を参考に何とか勝てました~o(^▽^)o
途中、不用意に蘇生しに近づいて吹っ飛ばされピンチにもなりましたが・・

あ、あと砕けてました・・・T^T

2014-02-10 11:47 │ from 麗鈴蓬URL

アクセにズッシは載らないのでは??

2014-02-11 09:59 │ from タカURL

Re: タイトルなし

> アクセにズッシは載らないのでは??

合成分は乗らないけれど、素の重さ分は乗るのですよー。

2014-02-11 13:11 │ from セティURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。