ピラミッド6層 ~魔法使いの立ち回り~ - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » DQ10 攻略・戦闘テクニック等 » ピラミッド6層 ~魔法使いの立ち回り~

ピラミッド6層 ~魔法使いの立ち回り~

ピラミッド6層 ~魔法使いの立ち回り~
IMG_0411.jpg
魔法使い・レンジャー・旅芸人・僧侶で出掛ける事多し。


ピラミッド6層。

高火力のシュプリンガーもどきや、堅いメタルハンターもどき達。

ファラオ・ルドラの硬さといい、結構な難敵揃い。



物理構成でも魔法構成でも、結構大変なんですよね。
IMG_0382.jpg 
特に物理構成だと、攻撃力に関しては結構なスペックが必要とされます。


しかし魔法構成の場合は、攻撃魔力に関しては、
そこまでのスペックは要求されません。

450~510もあれば、火力的には十分と言えます。


勿論、高ければ高いほど、
マヒャドやイオナズンの火力は上昇します。


ただし敵を倒す速度が、劇的に変わるかと言うと、
そうでもなかったりします。


詠唱速度や燃費の壁がありますからね。


敵の残りHPによっては、『早読み⇒覚醒⇒イオナズン』と撃つよりも。
『覚醒⇒イオラ⇒イオラ』で早めに敵の数を減らす方が、良い状況が存在します。


例えば残りHP900のシュプリンガーもどきが居た場合。
『早読み⇒覚醒⇒イオナズン⇒イオナズン』の手順だと、僅かにHPが残り倒せないことも。

『覚醒⇒イオラ⇒イオラ⇒イオラ』の手順だと、同じ4手でも倒しきれるのです。


ピラミッドでは、以下に最高ダメージを追求するかではなく。
敵の数を少しでも早く減らすことが、安定へと繋がります。



状況によって、イオラ・イオナズン、ヒャダルコ・マヒャドを使い分ける冷静な判断力。


それこそが、魔法使いにとって大切な資質。


DQ10 プクリポ プスゴン 
関連記事

コメント
非公開コメント