グラコス攻略 パラ魔法賢者僧侶構成 DQ10 - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » グラコス » グラコス攻略 パラ魔法賢者僧侶構成 DQ10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラコス攻略 パラ魔法賢者僧侶構成 DQ10

グラコス攻略 パラ魔法賢者僧侶 構成 DQ10
海魔の眼甲 
海魔の眼甲は、ピラミッド用に1個あると嬉しい。

またドラクエⅩに、新たなコインボス『グラコス』が登場しました。
新コインボス グラコス 

討伐報酬は、『海魔の眼甲』です。
海魔の眼甲
魔物を倒すと、『25%』でためる効果があります。

合成でためる2~3~5%、HP1~2や守備1~2が付くと言われています。



●グラコスの行動パターン
・通常こうげき ・マヒャデドス ・バギムーチョ ・仲間呼び
・武器をふりまわす(3回攻撃) ・ひかりのはどう
・海魔神の怒り(敵中心の範囲攻撃。430前後のダメージ)


●仲間呼びで出てくるお供モンスター
・テンタコルス ・潮風のディーバ ・アビスソルジャー

※仲間呼びで出てくるモンスターは、『踊り・MP吸収・眠り・麻痺・呪い』などの、
状態異常特技をしてくる場合有り。

耐性装備を無理に揃える必要は、特にはありません。
パラディンや僧侶に、キラキラポーンを撒くくらいでも、大丈夫です。


●おススメ構成 『パラディン 魔法使い 賢者 僧侶』

IMG_0608.jpg 
グラコスは、バラモスよりもかなり重い為、
パラディン1人では『拮抗』状態に持って行くのが限界です。

画面端まで押す場合は、後衛が1人、相撲を手伝うのも手です。

グラコスの行動の中で、『キャンセルショット』を使用して、防ぐべき行動は下記の2つです。
『仲間呼び』 『武器をふりまわす(3回攻撃)』

3回攻撃は、スクルト無しの状態では、
堅いパラディンでも300×3のダメージを食らいます。

HP600あるパラディンでも、盾ガード等が発生しなければ即死です。

●追記 武器を振り回す攻撃を、回避する方法

技の表示が見えたら、敵の背後に回ることで避けられます。

キャンセルショットは、避けられやすいので、
確実に避ける場合は、この方法が良いと思われます。


仲間呼びは、状態異常攻撃をしてくるお供モンスターが非常に厄介です。
こちらも出来る限り、キャンセルをしたいところです。

『海魔神の怒り』については、表示を見てから回避可能なため、
キャンセルショットで防ぐ必要はありません。

バラモスのイオグランデを回避するのと同じ要領で、避難することをおススメします。
IMG_0609.jpg 
パラディンは壁をしつつ、『仲間呼び』・『武器をふりまわす(3回攻撃)』
の2つをキャンセルすることに集中します。

また、グラコス戦においては、『棒立ち状態』での壁は、
グラコスがとてもすり抜けやすい為、おススメ出来ません。

出来る限り、『敵を押し続ける』ことを意識しましょう。
キャンセルショット以外の行動は、なるべくしない方が良いです。

グラコスは何故か他のボスと違い、相撲を続けてても、反撃が来ない事が多いです。

また、『怒り状態』の時には、仲間呼びを使ってこないため、
『後衛の怒りは放置』した方が楽になります。


前衛の壁さえ安定していれば、バラモスやドラゴンガイアと同様、
ドルモーアやメラゾーマで攻撃し続ければOKです。

暴走魔法陣や、超暴走魔法陣があると討伐速度が上がります。
またマヒャデドスは、仲間呼びをされた時用に、チャージしておくと便利です。


『ぶきみなひかり』は、少し入り辛いですが、効かない訳ではありません。
ひかりのはどうで解除されることもあるので、賢者や僧侶が暇な時に使うくらいで。
ラリホーはグラコスに効く
ちなみにグラコスには、『ラリホー』が効きます。

暴走ラリホーでも、MISSになりがちなので、割と一か八かですが。
パラディンが死んでしまった時に狙うのが良いでしょう。



DQ10 プクリポ プスゴン 
関連記事

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。