ヤーンとガウラド - DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~

DQ10金策日記 ~ひとりでもできるもん~ ホーム » スポンサー広告 » プレイ日記 » ヤーンとガウラド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーンとガウラド

ヤーンとガウラド
IMG_0542.jpg
三日連続更新。昔はこれが当たり前のペースだったんだよねぇ。

ネタバレ要素もあるので一応注意。

私がドラクエⅩの中で、一番好きなクエストを挙げるとすれば。

『武闘家クエ』が第1位に輝きます。 

武闘家クエの主役の1人が、この方『ヤーン』さんです。
ヤーンさん
ヤーンさんは、普段のちゃらちゃらした言動とは裏腹に、
武に関しては硬派な武人なのが高ポイント。

ヒューザに比べると、イマイチ人気が薄いんですけどね。



ネタバレになりますが、ヤーンさんは『超天道士』という称号(名?)を持った、
とっても強い武闘家さんの唯一の弟子であります。


ヤーン本人はさほど、『超天道士』という名に興味は無く、
先代の超天道士(ヤーンはじ~さんと呼んでいる)の強さに憧れて弟子入りしました。
ヤーン 


ヤーンは、先代のじ~さんを破ることで、超天道士超えを目指しましたが。
ヤーン2 
本気のじ~さんに勝つことは出来ぬまま、超天道士のじ~さんは他界してしまいました。


いつか超天道士を超える強さを持つという、目標があったヤーン。
それは果たされないまま、超天道士は居なくなってしまいました。 



ある日、武の才能に恵まれた主人公を目にしたヤーンは、
主人公を鍛えて、超天道士へと成長させることを思い付きます。

成長した主人公を倒すことで、超天道士を超えたことを証明するために…。
IMG_0751.jpg
割とうろ覚えですが、ヤーン側から見たストーリーはこんな感じだったと思います。



さて、武闘家クエにはもう1人、主要な人物が居ます。

それがこちら右手側の『ガウラド』さんです。
ガウラドさん 
ヤーンが幼少の頃から仕える、従者のような存在で。
少し不真面目なヤーンとは対称的に、堅物な世話係といった存在です。

しかしその正体は、『超天道士抹殺の使命』を帯びた、魔界からの刺客でした。

彼が魔界からやってきた時には、既に先代の超天道士は病の床にあり、
唯一の弟子であったヤーンが、超天道士の名を継ぐ日まで待っていました。

ヤーンとガウラドは両方とも、『超天道士を倒す』ことをお互いに目標としていたわけですね。


しかし結果的には、主人公は超天道士になることは出来ず、
ヤーンが超天道士を継ぐことになりますが。
武闘魔ガウラド
魔族としての本性を表したガウラドは、主人公とヤーンに挑み、両者に敗れることとなります。

超天道士抹殺の為に生きてきたガウラドでしたが、長い年月をヤーンと共に過ごすうちに。
その心には、いつしか安らぎが生まれていました。
使命
魔族が人に化けるのは多くの場合、人を騙して魔族の為に利用することが目的です。

ガウラドさんも例外ではなく、最初はヤーンを利用する為に、
オーガの姿を借りただけだったのでしょう。


しかしヤーンとの日々を偲び、ガウラドさんが最期に選んだ姿は魔族ガウラドではなく、
オーガのガウラドとして死ぬことを選びました。

ヤーンと過ごした日々を、『楽しかった…』と伝えて。


魔族と人(ウェディ)、敵対する種族同士でありながらも。
奇妙な友情がそこには存在していた。




ぶっちゃけこの話、主人公の影がかなり薄いんですが、
私は武闘家クエの話が大好きですよ、ええ。


NPCとして、いつかヤーン達と共闘…みたいなお話が出来ないかな、
とか思ってます。多分来ないだろうけど。
関連記事

コメント
非公開コメント

No title

3日連続更新、嬉しいです♪

私にとっても、ドラクエの数あるクエストの中で
これはTOP10に入るくらい好きなストーリーです。
ドラクエらしさというか、押しつけがましくない男たちの物語という感じで。
職業の証も武闘家とパラディン、僧侶のは捨てずに持っています。
他にも旅芸人のとか、泣く泣く捨てたのはありますけどw

ウェディというとヒューザが代表格ですが
ヤーンのその後とかも気になりますよね。
いつもジュレットにいるからレア感が薄いのかな?w

私も密かに外伝を待っている一人です。

2015-06-10 21:41 │ from いちご大福URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。